鳩山町復元古代窯活用ボランティア募集について

平成27年度焼成実験の様子

鳩山町は奈良時代を中心に国分寺瓦や須恵器の生産地として栄え、その名残である「登り窯」が町内に多数現存しています。現在、南比企窯跡群の国指定史跡化に向け、その保存と活用が大きな課題になっています。
町では、平成24年、農村公園に「復元古代窯」として登り窯を復元し、活用してきましたが、より有効に活用するために「復元古代窯活用ボランティア」を次のとおり募集します。

 

鳩山町復元古代窯活用ボランティア募集についての詳細
分野

イベント

文化・芸術

内容

・ 瓦や須恵器の製作と利用

・ 学校教育等での体験利用の支援

・ 鳩山町の歴史等のPR活動

・町教育委員会からの依頼に応じる支援

日程 未定。募集締切後、応募された方々と打合せをおこない、活動内容や年度計画を決める予定です。
対象 歴史に関心があり、仲間と連携して取り組める方。
申込

申込必要

2016年04月01日~2016年04月25日

平成28年4月25日(月曜日)までの平日午前9時から午後5時の間に、文化財分室(電話番号296-3862)まで、お申し込みください。

お問い合わせ先
  • 生涯学習課 文化財分室
    〒350-0313
    埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘四丁目1番1号
    電話番号:049-296-3862


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?