鳩山の気象(平成25年 広報はとやま 8月号 掲載)

(写真)町長写真

鳩山の気象

インターネット上で、鳩山町の気象に関するおもしろい論文の一部を見つけました。論文のタイトルは、『埼玉県鳩山町における冬季夜間の気温逆転層について』というものです。
執筆者は、首都大学東京の紺野祥平・高橋日出男両氏です。

全文を読むことができなくて残念ですが、鳩山町は、夏の暑さだけでなく、冬の寒さも気象の世界ではかなり有名らしく、「関東平野の丘陵地帯に位置する鳩山アメダスは、冬季を中心とした晴天静穏な夜間に周辺観測地点よりも特に低温となり、秩父の気温も下回ることも少なくない」とし、「夜間の冷却構造を明らかにすることを目的」に気球を用いた気象観測を2008年2月〜3月にかけて行ったようです。

結論から言えば、鳩山アメダス観測所の設置位置が盆地の谷底と同じような地形であることが要因のようです。
アメダス観測所が設置されているのは、鳩山中学校の第2グランドの北東部の片隅です。その位置から四方を眺めてみると、南を除く東・西・北が丘陵に囲まれていて、盆地と同じように「谷内部において顕著な冷気の堆積が認められる」としています。

このときの観測では、地表は100メートル上空よりも約10℃も低かったとのことです。 普通は高度が上がれば気温が低下し、高度が下げれば気温が上昇しますが、逆のことが、晴天静穏な冬の夜間、鳩山で起きているのです。

冬季の寒さだけでなく、鳩山の夏の暑さはより有名です。やはり鳩山の地形が関係しているのでしょうか。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?