夏の星空(平成26年 広報はとやま 7月号 掲載)

(写真)町長写真

夏の星空

このコラムを書いている時点では、梅雨の真最中で、趣味の天体観測はままなりません。梅雨が明けるのを心待ちにしていますが、鳩山から見える夏の星空を、一足先にご紹介いたします。

7月の半ば頃、空が暗くなり始めて、最初に南西の空高く輝き始めるのが、全天(空全体の意)にある21の1等星の一つである、うしかい座の「アークトゥルス」です。そのオレンジ色のアークトゥルスよりさらに西の下の方に、同じ1等星の乙女座の「スピカ」が青白く輝いています。
北斗七星の柄の部分のカーブを延長するとアークトゥルスとスピカにたどり着きます。これを春の大曲線と呼びます。
この時間帯で、春を代表する星々が既に西の方に大きく傾いているのは、夏本番であることの証です。

東の方に目をやると、こと座の「ベガ」とわし座の「アルタイル」、はくちょう座の「デネブ」の夏の大三角形が確認できます。いずれも、1等星です。
このうちベガは七夕の織姫星、アルタイルは彦星として知られています。この二つの星間には、夏の天の川が流れているのですが、今の鳩山では見ることができません。

この夏の大三角形は、春の時期に早朝から見え始め、11月の宵まで見えます。夏の初期は、雲りまたは雨の日が多く、8月上旬以降の方がよく見えます。
9月以降になると、宵の頃ほぼ天頂近くで、見ることができます。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?