夏季限定メニュー(平成29年 広報はとやま8月号 掲載)

はとやま 雑感

市長

旬の花で、特産の鳩豆うどんを活用した夏季限定の新メニューが、7月8日(土曜日)より提供されています。このメニューは、女子栄養大学の学生さんが開発したもので、9月末まで旬の花で味わうことができます。

夏季限定メニューということで、見た目は冷やし中華風で、食べ方は汁なしまぜ麺といったところです。具材は、肉味噌、冷やしトマト、オクラなどの真ん中に温卵があり、冷たい鳩豆うどんの上に載っています。お好みで、別に添えられためんつゆやラー油をかけることもできます。

レンゲと箸で麺と具材を絡め、汁なし担々麺風に食します。つゆをかけなくても温卵と肉味噌が絡むことで、食欲をそそります。

開発した女子栄養大学の学生さんに、コンセプトを聞いてみました。やはり、イメージしたのは、汁なしまぜ麺だそうです。そして、熱い夏に食欲をそそるように、肉味噌にやや辛めの味付けをし、鳩山産の夏野菜であるトマト、オクラを使用したとのことです。

旬の花は始まってから10年以上が経ちます。最近では、昼食時に川越や所沢ナンバーの車両が目立ちますが、町内からの来客が寂しいように感じます。

数年前、鳩豆うどんに使用している大豆を発芽大豆に変えてから、うどんの食感が良くなりました。

ぜひこの機会に町民のみなさんに食していただければと思います。

鳩山の特産品開発は、女子栄養大学だけではなく、鳩山高校も取り組んでいます。今後、このコーナーで紹介するようにしますので、よろしくお願いします。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?