行政報告(鳩山町議会平成30年第1回定例会)

(写真)町長写真

鳩山町議会平成30年第1回定例会(3月)

行政報告をいたします。
はじめに、「交通死亡事故ゼロ日数の満9年達成及び交通死亡事故ゼロ市町村の表彰について」でございます。
平成29年12月定例会でも報告させていただきましたが、鳩山町の交通死亡事故ゼロの記録が本年2月2日をもって満9年を達成することができました。ま た、2月5日には「鳩山町」が埼玉県交通安全対策協議会会長であります埼玉県知事より「交通死亡事故ゼロ市町村」として、また、交通安全活動にご尽力をい ただいております「西入間交通安全協会鳩山支部」が「交通安全功労団体」として表彰されました。
この記録達成及び表彰につきましては、町民の皆様が日頃から交通安全に心がけていただきましたことをはじめ、交通安全活動にご理解・ご協力をいただいております各団体の皆様のご尽力の賜物でありますことに深く感謝申し上げます。
今後も、行政の責務として、引き続き交通安全施策等に全力で取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
つぎに、「国分寺市との友好都市協定締結について」でございます。鳩山町と国分寺市の交流は、今から約1300年も前に遡り、鳩山町内の窯で、東京都国分寺市にあります武蔵国分寺の造営に用いられた瓦や須恵器が盛んに焼かれておりました。
国分寺市では「平成の国分寺造営事業」のプロジェクトに取り組んでおり、瓦の生産地である鳩山町と瓦の消費地である国分寺市との間で、古代における歴史的 なつながりを通じた連携事業を推し進めていくということで、平成25年に、古代瓦づくりを通じての地域交流が図られました。
この度の友好都市協定は、昨年末に国分寺市から申し出があり、平成30年3月1日付で町として内諾しております。友好都市協定書の締結式は、3月30日に国分寺市において実施する予定となっております。
友好都市協定の締結により、古代から現代までの文化財の交流に加えて、様々な分野、文化・経済・教育・スポーツ・観光などにおいて、相互に支援及び協力を行い、さらに広く交流を図り、友好と理解を深めていけるものと思います。
つぎに、「はあとふるパワーアップ体操による住民主体の介護予防への取組みについて」でございます。
町では今、「はあとふるパワーアップ体操」を使った各地域における介護予防活動を行なっております。このはあとふるパワーアップ体操は、重さを変えられ る錘(おもり)を入れたバンドを手首や足首に巻いて、ゆっくりと体を動かす体操で、週一回以上定期的に実施することで、普段の生活の中で必要な筋力が鍛え られ、生活の動作が楽になることが期待されます。これにより、高齢者の体力・筋力の維持、向上を図り、転倒防止や外出の機会の増加を目指すものでありま す。
現在、町内4箇所の会場で、ボランティアの方々により開催していただいている「地域健康教室」には、毎回多くの高齢者の皆様に参加していただき、健康寿 命延伸の要因となっているものと考えております。この地域健康教室に合わせ、この「はあとふるパワーアップ体操」を、町の各地域で展開することにより、高 齢者の体力維持と社会参加の機能を一層果たしていけるのではないかと考えております。
このため、昨年から地域包括支援センターにおいて、このはあとふるパワーアップ体操を指導していくリーダーとなる方の育成講座を実施しております。そし て、今年1月からは小用地区において、育成講座の修了生による自主的な体操教室が開始されております。また、3月9日からは赤沼地区でも始まることとなっ ており、さらに、ニュータウン福祉プラザでも、4月から正式に開催される運びとなりました。
この体操教室により、地域の高齢者の皆さまの体力の維持・向上だけでなく、集いの場所の確保や地域での見守り・支え合いの効果も期待できますので、議員の皆さまのご支援もよろしくお願い申し上げます。
最後に、「(仮称)鳩山新ごみ焼却施設整備」に関しまして、ご報告させていただきます。
(仮称)鳩山新ごみ焼却施設整備にあたりましては、焼却施設建設地域でございます、泉井地区並びに上熊井地区の皆様の、深いご理解とご協力、また、たび重なる地域協議をしていただいておりますことに、心よりの感謝とお礼を申し上げます。
さて、埼玉西部環境保全組合において選定いたしました、焼却施設整備及び運営事業者でございます「IHI環境エンジニアリンググループ」との契約に関し まして、去る2月15日開催の組合議会におきまして、契約締結に関する議決をいただきましたことをご報告させていただきます。
なお、この契約は、基本契約・建設請負契約・運営委託契約の3契約となっており、契約額の総額は191億4,401万145円でございます。 今後は、 決定いたしました施設整備及び運営事業者におきまして、詳細な敷地造成及び施設建設等に関する実施設計に着手し、施設建設地域との協定締結後に、具体的な 造成工事等を進める予定とのことでございます。
また、組合では、具体的な工事着手前の、平成30年度の早い段階で、本町全域を対象といたしました「焼却施設整備事業に関する説明会」の開催を計画しているとのことでございますので、併せてご報告させていただきます。
町といたしましては、平成34年10月の施設稼働に支障が生じないよう、着実に施設整備を進めたいと考えておりますので、議員各位の更なるご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
さて、本定例会に上程されます案件は、町条例の制定に関するもの20件、埼玉県市町村総合事務組合に関するもの2件、鳩山町総合福祉センターの指定管理者 の指定に関するもの1件、平成29年度一般会計、特別会計及び企業会計補正予算の議定に関するもの8件、平成30年度一般会計、特別会計及び企業会計予算 の議定に関するもの8件、字の区域の変更に関するもの1件、固定資産評価審査委員会委員の選任に関するもの1件の計41件でございます。いずれも重要案件 でありますので、慎重なご審議をいただき、速やかなるご議決を賜りますようお願い申し上げます。なお、併せて、専決処分の報告が1件ございますので、よろしくお願い申し上げ、あいさつ並びに行政報告とさせていただきます。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?