行政報告(鳩山町議会平成30年第1回臨時会)

(写真)町長写真

鳩山町議会平成30年第1回臨時会(7月)

行政報告をいたします。

はじめに、「鳩山町健康マイレージ事業キックオフイベントについて」でございます。
このたびの健康寿命3年連続男女とも第1位を記念して町民健康課と長寿福祉課の共催によるイベントを、3年連続の『3』にちなみ3回開催することとしておりますが、その第1回目のイベントとして7月1日(日曜日)に地域包括ケアセンターにおいて「鳩山町健康マイレージ事業キックオフイベント」を開催いたしました。
この鳩山町健康マイレージ事業は「ウォーキングした歩数によりポイントをためて抽選で賞品が当たる」という楽しみながら、健康づくりができる仕組みで、当日は、107人の方にご参加いただき盛大に開催することができました。
イベントでは、健康マイレージ事業や端末の操作方法などの説明に続き武蔵丘短期大学の辻将也先生をお招きして、ウォーキングの講話に続き実技指導を約1時間行いました。ウォーキングの実技指導では、参加者がご自分の体を動かして理想的な姿勢や速さなどを体感していただき、熱心に学んでいただくことができました。
このマイレージ事業ですが、現在、保健センターにおいて随時受け付けており、タブレット端末は、役場、保健センター、地域包括ケアセンター、図書館、体育館、公民館、今宿コミュニティセンター、コミュニティ・マルシェの町内8箇所に設置しております。ウォーキングの1歩1歩が健康長寿に続いていくよう、引き続き参加者の増加と事業の充実を図っていきたいと思います。
つぎに、「ふくしプラザ七夕&オープンカフェについて」でございます。長寿福祉課所管のニュータウンふくしプラザでは、7月8日(日曜日)に鳩山町コミュニティ・マルシェで七夕&オープンカフェを開催し、290人の方が来場いたしました。
このイベントは、毎年恒例となっており、今年で6回目を迎えたもので、ふくしプラザのサロン活動ボランティアで組織する実行委員会で、ふくしプラザの活動をたくさんの方に知っていただこうという趣旨でイベントを企画し、開催している手づくりのイベントでございます。
当日は、町民の皆さまの願いを込めた1,142枚の短冊が会場を華やかに飾り、子どもから高齢者まで、誰でも気軽に集い、交流ができるふくしプラザのサロン活動のPRも兼ねて、コミュニティ・マルシェ前の広場を活用してオープンカフェを行いました。また、町内6団体によるミニコンサート、障害者団体による模擬店、ボランティアによるミニゲームコーナー、町のイメージキャラクター「はーとん」の登場などもあり、子どもや高齢者、障害者の交流が図れるイベントとなりました。
このイベントは、町民の皆さまが中心となって、地域福祉の活性化のために行う事業として、とても意義のある催しとなっていると考えております。
さて、本日の臨時会に上程されます議案は、町道路線の廃止及び認定についての1議案でございます。
極めて重要な案件でありますので、慎重なご審議をいただき、速やかなるご議決を賜りますようお願い申し上げまして、行政報告といたします。
 

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?