行政報告(鳩山町議会令和元年第3回定例会)

(写真)町長写真

鳩山町議会令和元年第3回定例会(9月)

行政報告をいたします。
はじめに、「鳩山町総合相談支援事業」についてご報告いたします。
総合相談支援事業につきましては、疾病や障がい、介護、子育て、生活困窮など様々な複合的な課題を抱えている個人や世帯に対し、相談による課題の把握とコーディネートを行い、複合的な支援を実施するため、国の補助金を受け今年度から、町社会福祉協議会へ委託し、鳩山町総合福祉センターで開始したものです。
4月から7月までの実績を見ますと、新規の相談が88件、再相談が486件、合計で574件となっています。再相談も含めると、毎日平均6〜7件の相談業務を行っていることになります。
その内容は、病気や健康、障がいのこと、収入・生活費のこと、ひきこもりや仕事のことなどが多くなっていますが、数回の相談、指導・援助、関係機関への紹介などで、ある程度の安定が図れるのは全体の2割程度であり、残りの8割は継続して支援をしております。
当初、この総合相談支援業務を開始するにあたり、どの程度の相談や支援が必要な方がおられるのか、推測が難しい状況でございましたが、この実績をみますと、改めて多くの町民の皆様が様々な問題や不安を抱えているという状況を把握することができ、行政サービスの横断的な支援の必要性を再認識した次第です。
議員の皆様におかれましては、これからも総合相談支援事業はもちろん、総合福祉センターの各種事業へのご支援をよろしくお願い申し上げます。
続きまして、「納涼夏まつり」についてご報告いたします。鳩山町「納涼夏まつり」実行委員会主催、鳩山町商工会の共催により、8月3日に第1会場である中 央公民館北側駐車場で、8月4日には第2会場である鳩山ニュータウンセンター地区広場で納涼夏まつりを開催いたしました。
第1会場では、多くの模擬店の出店のほか、会場中央の櫓を囲んで、和太鼓やよさこい踊りなどが披露され、まつりを盛り上げました。また、会場に訪れた皆さんも参加して盆踊りが行われ、交流を深めていました。
第1会場の締めくくりとして、打ち上げ花火が行われ、夏の夜空に咲いた大輪の花に、会場から大きな歓声があがりました。
続く第2会場では、お祭りステージにてキッズダンスやバンド演奏、フラダンスなど多彩な催しが披露され、まつりの雰囲気を盛り上げました。
また、模擬店やリサイクルバザー、子どもみこしや大人みこしの練り歩き、お楽しみ抽選会などが行われました。
両会場ともに新たな試みとして「DJ盆踊り」を取り入れるなど、会場は多くの人で賑わい、町民の交流が深められ、大人も子どもも一緒になって「楽しさときめく はとやまの夏」を楽しんでいただけたものと思います。
さて、本定例会に上程されます案件は、町の条例に関するもの9件、工事請負契約の締結に関するもの3件、工事請負契約の変更契約の締結に関するもの1件、 平成30年度一般会計、特別会計及び企業会計決算認定に関するもの8件、平成30年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分に関するもの1件、令和元年度一般会計、特別会計及び企業会計補正予算の議定に関するもの5件、人事に関するもの3件の計30案件でございます。
いずれも重要案件でありますので、慎重なご審議をいただき、速やかなるご議決を賜りますようお願い申し上げます。
なお、併せて、財政健全化法に基づく平成30年度健全化判断比率の報告及び平成30年度資金不足比率の報告が計2件、平成30年度教育委員会の事務に関する点検評価の報告が1件ございますので、よろしくお願い申し上げ、あいさつ並びに行政報告とさせていただきます。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?