行政報告(鳩山町議会令和2年第4回定例会)

(写真)町長写真

鳩山町議会令和2年第4回定例会(12月)

令和2年第4回定例会(12月)行政報告

 

行政報告をいたします。

はじめに、「個人住民税市町村表彰について」でございます。

埼玉県では、個人住民税の税収確保において優秀な成績を挙げた市町村について表彰を実施しております。このたび、鳩山町が令和元年度「収入未済額圧縮率部門」の町村部門で1位となり表彰されました。

なお、収入未済額については、前年と比べ33.8%の圧縮となっております。

鳩山町では、退職等の影響により個人住民税の税収は年々減少し続けており、自主財源の確保が重要な課題であることから、納税率の向上と滞納繰越分の圧縮を目標に取り組んでおります。

今後も引き続き、納税者に寄り添った丁寧な対応に心掛け、町民の皆様のご理解を頂きながら職員一丸となって取り組んでまいります。

次に、「地域連携に関する基本協定の締結について」でございます。

10月19日に「地域連携に関する基本協定書」を、町内法人でございます「株式会社 アトリエ」と締結いたしました。

この協定内容は、町と当該法人が互いに有する人的、物的、財産資源を有効に活用し、連携協力することにより、町内の魅力ある地域づくりによる地域活性化を図ることを目的としております。

現在、同社は、赤沼地区において「美しい農村と魅力ある里山プロジェクト事業」を展開しており、里山景観の再生、湿生植物の栽培や果樹を含めた特産農産物の栽培等への取り組みを進めておりますが、今回の協定締結によりまして、本町における新たな情操教育や環境学習の場として、また、観光レクリエーションの拠点として、今後のまちづくり資源としての活用等が大きく期待されております。町民だけでなく町外からも多くの方に訪れていただける、町の魅力あるスポットの形成につながるものと考えております。

なお、本町では、これまで関係団体等との地域連携協定を締結しておりますが、民間会社との協定締結は初めてとなるものでございます。

次に、「鳩山町鳥獣被害防止対策協議会の設立について」でございます。

10月22日に、町農業委員会、町認定農業者等連絡協議会、埼玉中央農業協同組合、越生猟友会鳩山支部、東松山農林振興センター、町産業環境課を構成員とする「鳥獣被害防止対策協議会」の設立総会を開催いたしました。

野生鳥獣による農作物等への被害につきましては、全国的に深刻化しており、本町におきましても、近年、頻繁に発生し農業者の営農環境に影響を及ぼしているところでございます。

町ではこれまで、越生猟友会鳩山支部のご協力をいただき、「有害鳥獣捕獲事業」を実施してまいりましたが、今回の協議会設立によりまして、今後は国による財政支援を受けることが可能となりますので、当該財政支援を活用し、越生猟友会鳩山支部の活動を支援させていただき、より効果的な鳥獣対策を推進することで、鳥獣被害の軽減及び持続可能な営農環境の構築に結び付けて参りたいと考えております。

さて、本定例会に上程されます案件は、専決処分の承認に関するもの1件、町条例の制定に関するもの10件、規約の変更に関するもの2件、指定管理者の指定に関するもの2件、令和2年度一般会計及び特別会計、並びに企業会計補正予算の議定に関するもの5件、の計20案件でございます。

いずれも重要案件でありますので、慎重なご審議をいただき、速やかなるご議決を賜りますよう、よろしくお願い申し上げ、行政報告とさせていただきます。

お問い合わせ先
  • 総務課 秘書・総務担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1214
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?