「新型コロナウイルス感染症」〜高齢者の皆様に気をつけていただきたいポイント〜

感染予防とともに、動かないこと(生活不活発)によるフレイル(虚弱)も予防しましょう!

新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患がある方は重症化しやすいことが明らかになっています。

自分自身を守るために手洗いを中心とする感染予防が必要です。

また、人が多く集まる場所を避けることなどが言われているため、家に閉じこもりがちになりますが、高齢者にとっては、「動かないこと(生活不活発)」により、フレイル(虚弱)が進み、心身や脳の機能は低下していきます。動かない時間を減らして、自宅でもできる簡単な運動や活動を続けてフレイルを予防しましょう。

あわせて、「栄養」「睡眠」をしっかりととることを心がけ、外出しにくい状況ではありますが、直接会えなくても、ご友人やご家族等と電話・ファックス・メールなどを活用して、人とつながりを持ち、こころの元気も保ちましょう。そして、日常生活において、買い物や移動など困ったときに助けを呼べる相手を考えておきましょう。

健康体操(動画)

一般社団法人日本老年医学会「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

お問い合わせ先
  • 長寿福祉課 地域包括支援センター
    〒350-0313
    埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘4-1-4(福祉健康・多世代交流複合施設内)
    電話番号:049-296-7700
    ファックス:049-298-0077


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?