坂戸地区衛生組合(浄化槽汚泥・し尿の処理)について

坂戸地区衛生組合について

坂戸地区衛生組合は、昭和40年5月に当時の坂戸町、毛呂山町、越生町、鶴ヶ島村、鳩山村の5町村のし尿を共同処理するために設立された一部事務組合です。

昭和47年6月に処理能力1日100キロリットルの施設で運転を開始し、その後のし尿処理対象人口の増加に伴い、昭和49から50年度に1日100キロリットル、昭和56から58年度に1日200キロリットルと、二度の増設を行い、計1日400キロリットルの処理能力で地域住民の生活環境と公衆衛生の向上に寄与してまいりました。

しかし、公共下水道の普及や生活様式の変化に伴い、平成5年度をピークに処理量は徐々に減少し、現在では一部施設を休止し、処理能力を1日200キロリットルとして運転すると共に、老朽化した施設への対応と設備縮小による将来的な経費削減策として、平成28年5月から処理方式を変更し、生物処理をした水を公共下水道に放流しています。

組合の概要

設立年月日

昭和40年5月18日 (県知事許可)「坂戸町外4か町村衛生組合」として設立。
昭和51年9月16日 「坂戸市外4か町村衛生組合」に名称変更。
昭和57年4月1日 「坂戸地区衛生組合」に名称変更。

構成市町

坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、鳩山町

共同処理する事務

し尿の収集、運搬及び処理に関する事務

組合議会

定数14人(坂戸市5人、鶴ヶ島市3人、毛呂山町2人、越生町2人、鳩山町2人)

管理者等

管理者(坂戸市長)、副管理者(鶴ヶ島市長、毛呂山町長、越生町長、鳩山町長)

し尿処理施設の概要

し尿処理施設の概要
名称 坂戸地区衛生センター
所在地 埼玉県坂戸市大字上吉田651−1
敷地面積 11,854.76平方メートル
建物面積 5,617.81平方メートル
処理能力 1日400キロリットル(うち1日200キロリットルは休止中)
処理方式 標準脱窒素処理と下水道放流

 

し尿処理施設の業務体制

受入関係

平日 午前8時45分から午後4時40分(午後0時15分から0時45分を除く)
土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は閉庁

搬入業者関係

許可業者 13業者(各構成市町による許可)

案内図

坂戸地区衛生組合案内図(PDF:450.5KB)

参考資料

構成市町別処理人口、搬入(処理)実績、市町別搬入(処理)実績、予算、決算(PDF:178.5KB)

競争入札参加資格審査申請手続等について

競争入札参加資格審査申請手続(外部サイト)

競争入札参加資格審査申請変更手続(外部サイト)

お問い合わせ先

坂戸地区衛生組合
〒350-0271
埼玉県坂戸市大字上吉田651-1
電話番号:049-283-3561
ファックス:049-283-3542
 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。