プラムポックスウイルスに御注意ください

プラムポックスウイルス(PPV)とは

  • ウメ、モモ、スモモなどに感染する植物ウイルスで、アジアの一部、北米、南米等では、果樹に重大な被害を及ぼ しています。
  • 日本では、平成21年4月に東京都青梅市のウメで感染が初めて確認されました。 
  • このウイルスはアブラムシの媒介や接ぎ木により植物に感染し、種子や果実からは感染しないといわれています。
  • 人や動物には感染しません。また、感染している樹の果実を食べても健康に影響はありません。

感染の拡大を防ぎ、根絶するために

  • 感染が疑われる樹についてはウイルスの確認を行います。(特徴の見られる葉を採取して検定します)
  • 感染が確認された樹等は、廃棄(伐採・抜根)処分を行うことになります。(感染した樹の治療は不可能であり、感染源となるため)
  • なお、感染樹等の破棄にあたっては、適正な評価により補償されます。(所有者自身が廃棄した場合は補償の対象にはなりません)

プラムポックスウイルスの感染が疑われる樹がある場合は

埼玉県病害虫防除所までお知らせください。
電話番号:048−525−0747

お問い合わせ先
  • 産業環境課 農業・商工業政策担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5895
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?