骨髄移植ドナー助成事業を開始しました

現在、骨髄バンクへのドナー(提供者)登録数は43万人(埼玉県内では2万5千人)を超えていますが、骨髄などの提供を希望する患者のうち実際に移植を受けることができる方は6割程度に留まっております。

また、骨髄などの提供のためには7日間程度の通院や入院が必要となりますが、ドナー休暇制度が整備されていない勤労者、育児、介護をしている人は休暇を取得することが経済的な負担となっています。

そうした現状から、町では、骨髄又は末梢血管細胞を提供する人の負担軽減を図り、骨髄などの移植を推進するため、助成金を交付する事業を開始しました。

対象

次の(1)から(4)にすべて該当する方で、骨髄などの提供完了から1年以内の方(平成26年4月1日以降の骨髄などの提供より適用)

(1) 骨髄などの提供時、町に住民登録のある方
(2) 骨髄バンクが実施するドナー登録を行い骨髄などの提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた方
(3) 他の自治体が実施する骨髄などの提供に係る同様の助成金などを受けていない方
(4) 休暇制度を設けている企業又は団体などに属していない方

助成金額

骨髄などの提供のために次の(1)から(4)の通院・入院をした日数(1回の提供につき7日までが上限)の合計に2万円を乗じた額

(1) 健康診断
(2) 自己血貯血
(3) 骨髄などの採取
(4) その他骨髄などの提供に関し、骨髄バンクが必要と認める場合

助成方法

骨髄などの提供完了後、次の(1)から(3)の書類を持参して町保健センターまで申請してください。

(1) 公益財団法人日本骨髄バンクが発行する、骨髄などの提供が完了したことが確認できる書類
(2) 本人名義の通帳
(3) 印鑑

「骨髄移植ドナー助成金交付申請書兼請求書」

お問い合わせ先
  • 保健センター 管理予防担当
    〒350-0324
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1
    電話番号:049-296-2530


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?