いっしょに食べよう!みんなで囲む食卓 活動報告

食コミリーダーが中心となり、下記の事業を実施しました。事業では「みんなと一緒に同じものを食べる楽しさ」 「食後の歓談の楽しさ」などをテーマに実施しました。

ニュータウン地区、亀井地区と実施し、平成27年度は今宿地区で開催しました!

今回は今宿地区の様子を報告いたします。(下記参照)

 

いっしょに食べよう!鳩山100人で囲む食卓 : 平成26年2月16日(日曜日)

皆さん一緒にいただきます。

皆さん一緒にいただきます。

食後の歓談。お茶菓子とともに話が弾みます。

食後の歓談。お茶菓子とともに話が弾みます。

当日は、2日前からの大雪の影響があり、開催できるか危ぶまれ、また、参加者の皆さんは来場できるかなど、不安なことが多くありましたが、開催したところ、93名の方々がお出でくださいました。お食事は、女子栄養大学カフェテリアを運営している松柏軒のメニューや鳩山産の野菜を使った体も心も温まる呉汁、鳩山産米のご飯をご用意しました。

スタッフを含め約150名のみなさんと「一緒に、同じ食事を食べる」ただそれだけなのに話が弾み、心も体も元気が出てくる!そんなひと時を過ごすことができました。

食後は、町内の食を通した様々な活動について、3団体の方からお話を聞き、その後、各テーブルで「あったらいいな!こんな集まり」と題して、食をキーワードとした色々なアイディアを語り合いました。一緒に同じ食事をすることにより、初めての方でも打ち解けることができ、話も弾みました。最後には特別講演もあり、内容が盛りだくさんの「食卓」でした。

 

いっしょに食べよう!亀井のみんなで囲む食卓 : 平成26年12月14日(日曜日)

お茶菓子とともに楽しいひと時を過ごします。

お茶菓子とともに楽しいひと時を過ごします。

皆さんの笑顔で会は終了しました。

皆さんの笑顔で会は終了しました。

当日は、参加申し込み36名全員の方々がお出でくださいました。

お食事は、今回も女子栄養大学カフェテリアを運営している松柏軒のメニューを用意しました。

スタッフを含め約60名のみなさんと「一緒に、同じ食事を食べる。」ただこれだけで、心も体も元気が出てくる!そんなひと時を過ごすことができました。

食後は、特別講演を聞きました。その後、亀井地区の食を通した様々な活動について、3団体の方からお話を聞き、各テーブルで「あったらいいな!こんな集まり」と題して、食をキーワードとした色々なアイディアを語り合いました。

同じ地区の方々であっても、「なかなか話をしたことがない方と話がすることができて、よかった」との感想をいただきました。

 

いっしょに食べよう!今宿地区のみんなで囲む食卓 : 平成27年10月3日(土曜日)

今宿地区の食卓風景

大勢の皆さんと一緒にお食事を

いただきます。

おかすを食べながらの楽しい会談時間です。

おやつを食べながらの、楽しい会談時間です。

当日は、事前にお申し込みの100名の方々がお出でくださいました。

お食事は、今回も女子栄養大学カフェテリアを運営している松柏軒にお弁当を注文しました。

スタッフを含め約130名のみなさんと「一緒に、同じ食事を食べ、同じ時間を共有する。」 これによって、とても雰囲気がなごみ、楽しい食事時間を過ごすことができました。

食後は、「女子栄養大学の教授からの講演」や「町での食を通した様々な活動」のお話を聞きました。その後、各テーブルで「地場産食材・地産地消」をテーマとして語り合いました。

参加された方々は「このお弁当で適切な食事に気づくことができた」「久しぶりに会えた方がいて、とても楽しかった」「誰かと食べることが楽しいことを再確認した」との感想をいただきました。

 

鳩山町「食」コミュニティ会議プロジェクトとは?

町民と鳩山町(保健センター)、女子栄養大学、東京都健康長寿医療センター研究所で構成されています。

「食を通した人と人とのつながりを」をテーマに活動しています。将来的には「各地区で、各地域の方の力によって、食をテーマにした集まりを定期的に開催する」ことを目的としています。

この活動に賛同いただける方は、ぜひ、ご一緒に活動してみませんか?協力者を随時募集しています。

詳しくは、お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先
  • 保健センター 健康増進・子育て相談担当
    〒350-0324
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1
    電話番号:049-296-2530
    ファックス:049-296-2832


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?