ニュータウンふくしプラザ

平成24年11月24日(土曜日)、町の少子高齢化に伴う様々な課題に対応するための総合窓口となる福祉の拠点として、「ニュータウンふくしプラザ」がオープンしました。
「ニュータウンふくしプラザ」では、専任の担当者を配置し、地域住民が気軽に集まれるサロン事業、ボランティア支援事業、見守り事業、各種相談事業などを行い、地域福祉を推進していきます。
平成29年7月1日(日曜日)、タウンセンター1階(旧西友リビング館)内に整備された「鳩山町コミュニティ・マルシェ」内に移転しました。

(写真)オープン式典の様子(1)

(写真)オープン式典の様子(2)

平成24年11月24日(土曜日)、オープン式典の様子。

福祉の拠点「ニュータウンふくしプラザ」の設置場所

所在地:鳩山町松ヶ丘一丁目1486番地415

供用開始年月日:平成20年7月15日

電話番号:049−290−5469

事業内容

事業開始時期

平成24年11月24日(土曜日)午前10時から

開設日及び開設時間

開設日 : 毎週 月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日 ただし、祝祭日、年末年始は休み
開設時間 : 午前10時から午後5時まで

主な事業内容

(1) 福祉の拠点の設置と専任の担当者の配置
専任職員1名、臨時職員2名(交代勤務、常時1名配置)配置。
配置された職員は、(2)から(5)までの事業の調整役となり、各事業を実施していきます。


(2) 拠り所づくり事業

  • サロン活動事業

誰でも参加できる常設型のサロン活動を実施します。

  • ボランティアの支援・育成事業

地域のボランティアの育成のための研修会や講座を開催し、地域福祉の担い手を育成します。また、事業等で使用しない場合は、福祉関係の各種ボランティア等のミーティングや作業場所等としても利用できるように開放します。

(3) 小地域ネットワーク活動事業
町地域見守り支援ネットワーク会議(通称「見守りはとネット」)の開催、地域の見守り活動、声かけ活動などを実施します。また、現在、社会福祉協議会で実施を検討している福祉委員との連携も行います。

(4) 相談ネットワーク活動事業
各種相談業務を実施し、必要に応じて関係機関や専門機関につなげ、各種相談機関との連携を図ります。
相談業務は、専任職員等が中心になって対応しますが、内容によっては町職員、社会福祉協議会職員、関係機関の職員なども対応します。

(5) ケース支援調整会議事業
「町地域見守り支援ネットワーク会議」及び「各種相談事業」などで特に支援が必要な方がいる場合は、関係機関と連携して「ケース会議」を開催します。ケース会議では、特に支援が必要な方を対象に見守り方法や支援方法を検討します。内容によっては、民生委員・児童委員、福祉事務所職員、児童相談所職員、保健所職員、
警察官などと協議します。

お問い合わせ先
  • 長寿福祉課 地域福祉・障害者福祉担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1241
    ファックス:049-296-3390


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?