こども医療費支給

こどもが医療機関等で受診した場合に、保険診療による一部負担金を支給します。ただし、健康保険組合等から支給される附加給付金や高額療養費、他の法令等による給付がある場合は、その額を控除して支給します。

保険外費用(健康診断、予防接種、薬の容器代、入院時の差額ベッド代等)は支給対象外となります。また、学校等でのけが等により災害給付金が支給される場合も対象になりません。(日本スポーツ振興センター災害共済の該当の場合は対象外)

対象者

  • 鳩山町に住所がある中学校修了前まで(15歳到達後最初の年度末まで)のこども
  • 各種健康保険制度に加入しているこども

登録手続き

次のものを用意して登録申請してください。登録後、受給資格証を交付します。

  • 健康保険被保険者証(こどもの氏名が記載されているもの)
  • 振込先口座番号が分かるもの(受給資格者となる保護者名義の預金通帳など)
  • 印鑑

助成方法

1 鳩山町協定締結医療機関等で受診した場合

保険証と受給資格証を提示することにより、窓口での支払いが不要となります。

ただし、次の場合は窓口払いが必要となります。

(1)保険証と受給資格証を提示しなかった場合
(2)同一医療機関等で入院・通院別に月額21,000円以上かかる場合
この場合は下記2と同様の手続きとなります。

2 鳩山町協定締結医療機関等以外で受診した場合

医療機関窓口で医療費を支払い、こども医療費支給申請書に証明を受けるか、領収書を添付し申請してください。
(1)医療機関等に医療費の証明を受ける場合は、診療科ごとに1ヶ月分単位となります。
(2)申請書に添付する領収書は、受診者名、診療年月日、領収金額、医療保険点数、発行医療機関名、受領印の記載のある原本でお願いします。

申請書は前月までの診療分を毎月20日(12月と3月は10日)まで受付し、助成金は月末に登録口座へ振込まれます。
ただし、付加給付や高額療養費等に該当し、確認に時間を要する場合は支給が遅れることがあります。

(医療費が一定以上の支払いがある場合は、加入の健康保険から返金がある場合があります。まずは、加入保険での確認をお願いいたします。)

鳩山町こども・重度医療費窓口払い不要協定締結医療機関等一覧

変更手続き

加入保険に変更があった場合や振込先の口座を変更したい場合は、新しい保険証(こどもの氏名が記載されているもの)、口座の分かるもの(受給資格者となる保護者名義の通帳等)をお持ちください。

受給資格を喪失したとき

町外へ転出する等により受給資格を喪失したときは、必ず受給資格証を健康福祉課へ返却してください。(資格喪失後、受給者証の使用防止のため)

 

適正受診にご理解とご協力のお願い

こども医療費支給制度は、皆さんの貴重な税金で実施しています。今後も制度の運営を維持するため、次のことにご協力をお願いします。

 

・緊急の場合を除き、平日の時間内に受診しましょう。

・同じ病気で複数の医療機関を受診する「重複受診」は、同じ検査を繰り返すなど医療費の無駄となります。安心して日ごろから相談できる「かかりつけ医」をもちましょう。

・ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用しましょう。

 

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とは、新薬(先発医薬品)の特許期間終了後、有効成分、効能、効果が同等の医薬品と申請され、厚生労働省の許可のもとで製造・販売された、新薬より安価な薬です。

お問い合わせ先
  • 健康福祉課 子育て支援担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1241


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?