不育症について

あなたは不育症について知っていますか?

40%の女性が生涯に流産を経験します。

妊娠しても流産や死産を繰り返してしまう場合、それは「不育症」です。

原因は人それぞれですが、検査と治療によって85%もの不育症患者が出産にたどり着くことがわかっています。

あきらめる前に検査と治療を受けましょう。 (厚生労働省研究班 Fuiku-Laboフイクーラボより)

 

不育症について悩んでいる方に対して、不育症に関する検査や治療、Q&A等の情報が厚生労働省研究班の不育症のFuiku-Laboフイクーラボに公開されています。

Fuiku-Laboフイクーラボ (不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究)

相談窓口

反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)について全国の不育症相談窓口一覧 (厚生労働省)

埼玉県の女性の健康や不妊治療・不育症に関する相談窓口 (埼玉県)

その他、随時、町保健センターでも保健師が相談に応じます。

お問い合わせ先
  • 保健センター 健康増進担当
    〒350-0324
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1
    電話番号:049-296-2530


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?