ベビーサイン教室を開催しました!

2月28日(水曜日)にベビーサイン教室を子育て世代包括支援センターにて開催しました。ベビーマッサージ、ベビーヨガ&ママヨガに続き第3弾のイベントでした。当初1月23日と今回の二回開催予定でしたが、降雪のため中止となり今回のみの開催となりました。中止の際に参加予定だった方々がほとんど参加し、14組の乳幼児とその保護者と兄・姉など計33名の参加となりました。

ベビーサインという言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思います。ベビーサインとは、まだ言葉を上手く話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話」をするものです。

メリットとして、育児が少し楽になる、赤ちゃんの健康と安全に役立つ、話し言葉やコミュニケーション能力が高まる、親子の絆が深まるなどがあげられます。生後6か月くらいから始めるのがよいようですが、赤ちゃんがサインを理解しサインを出すようになるまでには1から2か月ほどかかります。でもいったんサインを理解したら1歳半までに40〜50ほどのサインを使えると言われています。語りかけに手を添えて、あせらず続けることが必要ということでした。

今回の教室では、ベビーサインの紹介にとどまらず、ふれあい遊びや簡単なおもちゃを作ったり、大型絵本の読み聞かせなどもあり、1時間充実した内容でした。終了後も1時間ほどプレイルームを開放し、ママたちのおしゃべりや子ども同士遊具やおもちゃで遊んだり、楽しい交流の場にもなったようです。

参加した方からは「とても楽しかった、子どもたちもとても楽しそうで参加してよかった、ベビーサインをやってみたいと思った、難しく考えずにチャレンジしようと思う、子育ての基本を学んだ気がした」などの意見が聞かれました。

 

ベビーサインとは

いよいよスタートです。どんな感じなのか、ワクワクです。

 

ベビーサインとは

ベビーサインとは?DVDで実際のサインの様子も見ました。

 

げんこつやまのたぬきさん

「げんこつやまのたぬきさん」をベビーサインでやってみよう。

手作りおもちゃ

折り紙をガシャガシャ丸めたり、ちぎってビニール袋に入れて、ゴムで縛って簡単ヨーヨーを作りました。

大型絵本

大型絵本「きんぎょがにげた」の読み聞かせ、お兄ちゃんお姉ちゃんは目を輝かせて金魚を探していました。

まずはベビーサインをやってみよう

ふだんの語りかけの中で手を添えていこう!楽しく子育てできるといいですね。

 

お問い合わせ先
  • 保健センター 健康増進・子育て相談担当
    〒350-0324
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1
    電話番号:049-296-2530
    ファックス:049-296-2832


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?