寡婦(夫)控除のみなし適用について

寡婦(夫)控除のみなし適用の内容

「婚姻歴がないひとり親世帯」を対象に、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

みなし適用の内容

児童手当などの手当てや、保育料算定のため所得審査を行う場合に、申請者が寡婦(夫)控除のみなし適用を申請することで、寡婦(夫)控除があるものとして所得審査を行うものです。

みなし適用は、税法上は寡婦(夫)控除が受けられない、未婚のひとり親の方を対象としています。婚姻歴がある方など、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は、みなし控除の適用とはなりません。

なお、みなし適用を申請しても、所得の状況によって、保育料等の減額等にならない場合があります。また、みなし適用の申請により税法上の控除を受けることはできません。

 

対象となる事業
事業名 みなし控除適用対象者
児童手当 手当の申請者・受給者
児童扶養手当

児童の父母以外で申請・受給している方

又は、同居する扶養義務者

(なお、児童の父母が申請・受給をする場合、父母自身は、みなし適用の対象となりません。)

特別児童

扶養手当

手当の申請者・受給者及び同居する扶養義務者
ひとり親家庭等医療費助成

児童の父母以外で申請・受給している方

又は、同居する扶養義務者

(なお、児童の父母が申請・受給をする場合、父母自身は、みなし適用の対象となりません。)

保育料 算定対象者(主に父母)及び同居する扶養義務者

 

みなし適用の要件
区分 申請の要件
寡   婦

婚姻歴がない母で、対象年の所得申告で扶養親族を

とっている方。または生計を同じくする子どもがい

ることが要件です。

なお、生計を同じくする子どもは、対象年の総所得

金額が38万円以下であり、他の方の扶養親族や控除

対象配偶者になっていない場合に限ります。

特別寡婦

寡婦に該当し、対象年の所得申告で扶養親族として

申告した子どもがいて、かつ対象年の合計所得金額

が500万円以下であること

寡   夫

婚姻歴がない父で、生計を同じくする子どもがいて、

対象年の合計所得金額が500万円以下であること。

なお、生計を同じくする子どもは、対象年の総所得

金額が38万円以下であり、他の方の扶養親族や控除

対象配偶者になっていない場合に限ります。

申請方法

申請の際には、申請書や戸籍謄本等の提出が必要となりますので、事前に下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先
  • 町民健康課 町民サービス・子育て支援担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5891
    ファックス:049-296-1945


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?