スマートフォンアプリ収納サービスの開始について

PayB(ペイビー)・ヤフーアプリとは

スマートフォンで専用アプリをダウンロードし、納付書に印字されているコンビニ収納用バーコードを読み込み、アプリに登録した金融機関の預金口座から、即時口座引落しにより、町税等の納付ができるサービスです。

平成31年4月1日(月曜日)よりサービスが開始されています。

手続きに必要なもの

・コンビニ収納用バーコードが印字されている納付書

・スマートフォン

・専用アプリ

利用方法

1.アプリをダウンロード

2.アプリを起動し、各種情報を入力

3.納付書のバーコードを読み込み、任意の暗証番号を入力

4.お支払い完了

PayB(ペイビー)スマホ決済(外部リンク)

ヤフーアプリ(外部リンク)

支払い可能な税金

・町県民税(普通徴収)・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税

利用可能金融機関

・埼玉りそな銀行・りそな銀行・武蔵野銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行 他

※取扱可能期間は順次拡大される予定です。

注意事項

  • バーコードが読み取れない場合またはバーコード印字がない場合(金額が30万円を越えるもの)については利用できません。
  • コンビニ取扱期限が過ぎた納付書は支払いができません。
  • 領収証書は発行されません。領収証書を必要とする場合は、納付書裏面に記載されてる金融機関、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。
  • PayBアプリ・ヤフーアプリのダウンロードは無料です。ただし、アプリのダウンロード及び利用にかかる通信料はご本人負担となります。

LINE Pay請求書支払いも開始されました!

コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay請求書支払い」を利用して、いつでも町税等の納付ができます。

平成31年4月1日(月曜日)よりサービスが開始されています。

手続きに必要なもの

・コンビニ収納用バーコードが印字されている納付書

・スマートフォン

・専用アプリ

利用方法

  1. スマートフォン用の「LINE」アプリケーションをインストールし、LINE Payの利用登録を行い、銀行口座連携等によりあらかじめ金額のチャージ。
  2. 1.の登録完了後、お財布マークの「ウォレット」タブ内「請求書支払い」をタップ。
  3. 立ち上がったコードリーダーでお手元の納付書のバーコードを読み込む。
  4. 支払情報を確認し、画面の表示に従い操作を進めると、パスワード入力画面に切り替わるのでパスワードを入力すると支払いが完了。

LINE Pay請求書支払い(外部リンク)

支払い可能な税金

・町県民税(普通徴収)・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税

注意事項

  • 納付書1枚当たりの金額が30万円を越える場合、LINE Pay請求書払いによる納付書はできません。(※平成31年3月より、支払上限金額が5万円未満から30万円以下に引き上げ)
  • LINE Pay請求書支払いのご利用には、事前にLINEアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
  • 領収証書は発行されません。領収証書を必要とする場合は、納付書裏面に記載の金融機関、コンビニエンスストア等の窓口で納付してください。
  • LINEアプリのダウンロードは無料です。ただし、アプリのダウンロード及び利用にかかる通信料はご本人負担となります 。

令和元年度固定資産税と軽自動車税納税通知書について

  • 令和元年度固定資産税と軽自動車税の納税通知書には支払金額が5万円以上の場合はLINE Pay請求書支払いの利用は出来ないと記載していますが、平成31年3月に上限金額が変更になったことにより、納付書1枚当たりの支払金額が30万円以下の場合はLINE Pay請求書支払いの利用が可能となりました。
お問い合わせ先
  • 税務会計課 収税担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5892
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?