税制改正(平成21年度適用)

公的年金からの「特別徴収」の開始について

65歳以上の公的年金を受給されている方で、個人住民税を納税する義務がある方については、平成21年10月から個人住民税の公的年金からの特別徴収(年金天引き)が始まりました。

特別徴収(年金天引き)の対象となる方

(1) 4月1日時点において65歳以上の方
(2) 年金から介護保険料(税)が特別徴収(年金天引き)されている方
(3) 1月1日に鳩山町に住所があり、以降も町内在住の方
(4) 前年中から年金を受給しており、今年度に公的年金等に係る町・県民税が課税されている方
対象となる方には、毎年6月上旬に発送する税額決定通知書にて、税額等をお知らせします。

特別徴収(年金天引き)の対象となる年金

老齢基礎年金、又は昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金等
障害年金、遺族年金等は非課税所得のため町・県民税は課税されません。

特別徴収(年金天引き)の対象となる税額

公的年金等にかかる町・県民税のみが対象です。
給与所得等、年金以外の所得に係る町・県民税は年金からは特別徴収(年金天引き)されず、給与からの特別徴収(給与天引き)又は、普通徴収(個人納付)にて納めていただくことになります。
公的年金からの特別徴収(年金天引き)は年金受給者が納めるべき個人住民税を年金保険者(日本年金機構等)が年金から天引きし、 町に納めるよう納税方法を変更するものです。よって新たに税負担が生じるものではありません。

 

(例)年金所得のみで、町・県民税の年税額が6万円の場合

特別徴収開始年度の対象となる方

特別徴収開始年度の対象となる方
【納付方法】納付月 【普通徴収】6月(1期) 【普通徴収】8月(2期) 【年金からの特別徴収】10月 【年金からの特別徴収】12月 【年金からの特別徴収】2月
税額 15,000円 15,000円 10,000円 10,000円 10,000円
算出方法 年税額の1/4 年税額の1/4 年税額の1/6 年税額の1/6 年税額の1/6

6月と8月は年税額の4分の1ずつを普通徴収として、納付書により納めていただきます。10月・12月・2月については、 年税額の6分の1ずつが年金から天引きされ、納付されることになります。

前年度より特別徴収の対象となる方

仮徴収
【納付方法】納付月 【年金からの特別徴収】4月 【年金からの特別徴収】6月 【年金からの特別徴収】8月
税額 10,000円 10,000円 10,000円
算出方法 前年度2月分と同額 前年度2月分と同額 前年度2月分と同額

 

本徴収
【納付方法】納付月 【年金からの特別徴収】10月 【年金からの特別徴収】12月 【年金からの特別徴収】2月
税額 10,000円 10,000円 10,000円
算出方法 年税額から仮徴収分を差し引いた額の1/3ずつ 年税額から仮徴収分を差し引いた額の1/3ずつ 年税額から仮徴収分を差し引いた額の1/3ずつ

 

公的年金からの特別徴収が中止となる場合

次のような場合、年金からの特別徴収(年金天引き)は中止となります。中止となった場合には普通徴収に切り替えて納付していただくことになります。

  • 年金の支給が停止された場合
  • 町外に転出した場合
  • 年金受給者本人が死亡した場合
  • 介護保険料が年金から特別徴収されなくなった場合
  • 特別徴収される税額が年金から引ききれなくなった場合
  • 年度の途中で公的年金等所得に係る税額に変更が生じた場合

再開は、翌年度10月の年金支給分からとなります。
なお、転出等の中止事由が発生してから特別徴収が中止されるまでの間に時間的なずれが生じる関係で、中止事由発生以降も特別徴収されてしまう場合があります。その場合、特別徴収されてしまった税額は、町より還付の案内を発送し、還付いたします。

お問い合わせ先
  • 税務会計課 賦課担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5892
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?