鳥インフルエンザについて

発生概要(県政ニュース 報道発表資料より)

ときがわ町で発生した高病原性鳥インフルエンザウイルスについては、環境省による緊急調査の結果、異常は認められなかったため、令和3年1月22日(金曜日)午前0時をもって野鳥監視重点区域(回収地点の周辺10km圏内)が解除されました。

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

鳥インフルエンザは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除き、通常では人に感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

町民の皆様へ

町民の皆様におかれましては、下記の事項についてご注意をお願いいたします。

〇死亡野鳥を見つけた場合は、鳥インフルエンザウイルスを始めとする、様々な病原体をもっている可能性がありますので、素手で触らないでください。明らかな事故死や、時間が経過して腐敗している場合を除き、速やかに発見場所を管轄する埼玉県東松山環境管理事務所(連絡先:0493-23-4050)にご連絡ください。

○万が一、死亡野鳥など野生動物を片付ける際には、素手で直接触らず、使い捨て手袋等を使用してください。

○日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた場合は、十分な手洗い・うがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

○野鳥は、餌不足、寒さ、あるいは窓ガラスや電線にぶつかるなど、病気以外の原因でも死亡することがありますので、死亡していても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

関連リンク

野鳥における鳥インフルエンザについて(埼玉県みどり自然課)

お問い合わせ先
  • 産業環境課 農業・商工業政策担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5895
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?