蜂に刺されないようにするには

  • 巣に近づかない、巣に石を投げたり、つついたりして蜂を刺激しない。
     
  • 巣の前を急いで横切ったり、振動を与える等急激な動作を避ける。
     
  • 巣の近くで芳香の強い香水、ヘアスプレー、その他化粧品を使わない。

また虫除けの超音波装置も蜂を刺激するので身につけない。

  • 純毛製品や黒い衣服は刺されやすいので、白っぽい服を着用する。
     
  • 蜂がいる場所で、熟した果実やジュース等甘味料を飲まないこと。

(蜂は木の樹液や甘いものに集まってきます。)

  • 洗濯物をとりいれる時は、蜂が潜んでいないかよく点検する。
     
  • 駐車中の自動車の窓は必ず閉めておく。
     
  • 野外活動中にスズメバチ類の巣と突発的に遭遇し、見張りの蜂に威嚇や攻撃を受けた場合、大声で騒いだり、腕で追い払う事はしない(蜂は左右や急激な動きに敏感なため)。

頭(黒色)を隠し、姿勢を低くして巣からゆっくり離れる。

 

お問い合わせ先
  • 産業環境課 環境保全・生活安全担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5894
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?