猫が寄りついてお困りの方へ

猫が敷地内に入り込んで糞や尿をするのは、そこが猫にとって快適な場所だからです。

猫による被害でお困りで、どうしても猫を寄せ付けたくないという方は、以下のような方法をお試しください。ただし、猫にも個体差があるため、すべての猫に確実に効果がある方法はありません。様々な方法を試して様子を見てください。

(注意)猫は愛護動物です。虐待にあたるような行為は絶対にしてはいけません。法律で罰せられます。

忌避剤をまく

猫の嫌いな匂いを発生させることで猫が近づきにくくする方法です。

(注意)物によっては匂いに敏感な方やペットなどにも影響が出る可能性があります。

  • 木酢液/竹酢液(ホームセンター等で購入できます)
  • 市販の忌避剤
  • ミカンなど、柑橘類の皮
  • ハッカ系の匂いのするもの
  • 香りの強いハーブなどの植物を植える

猫が嫌がるものを設置する

猫の通り道に猫が嫌がるものを設置して近づきにくくする方法です。

  • 水をたっぷりと撒く
  • 砂利や軽石を置く
  • 地面を覆う植物を植える
  • 市販のとげとげシートを敷く

水を入れたペットボトルを置く方法は、ほとんど効果がありません。場合によっては火災の原因となることがあるため、やめましょう。

猫が来たときに追い払う方法

  • 水鉄砲で水をかける

猫が怪我をしないよう、強い水流を直接かけないように注意してください。

  • 超音波発生機器を設置する

聴覚が敏感な方やご自宅のペットなどに影響が出る可能性もあるためご注意ください。

 

その他、埼玉県のホームページにも詳しく掲載されているのでご確認ください。

猫が庭などに入らないようにする方法(埼玉県ホームページ)

お問い合わせ先
  • 産業環境課 環境保全・生活安全担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5894
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?