ブロック塀の安全点検について

ブロック塀は、地震時に倒壊する恐れがあります

平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震で小学校プールのコンクリートブロック塀が倒壊し、小学生が下敷きとなる痛ましい事故が発生しました。

過去の地震においても、ブロック塀などが倒壊し、人命や建物等に被害が生じる災害が発生しています。また、倒れた塀が道路をふさぎ、避難や救助・消防活動を妨げることになります。

このような被害を防止するため、既存ブロック塀などで老朽化しているものや正しい工事がされていないものについては、早めに専門家の点検を受け、取り壊すか補強しておくことが必要です。

万一、ブロック塀などが倒壊し被害が生じた場合には、その所有者の責任を問われかねませんので、危険なブロック塀などを放置しないよう、みんなが安心して暮らせるまちづくりを心がけましょう。

まずは、ご自身の所有するブロック塀の自己点検を行ってください。

ブロック安全点検チェック表(PDF:503KB)

ブロック塀の安全点検について(埼玉県ホームページ)

お問い合わせ先
  • まちづくり推進課 都市計画・都市施設担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5893
    ファックス:049-296-2594


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。