犬の飼育に関する届出と注意事項

犬の登録は法律で義務づけられており、届出をしなければいけません。

飼い主の登録内容(所有者・住所)が変わった場合や、飼われている犬の死亡、または所在地の変更があった場合は、30日以内に役場産業環境課への届出が必要です。(狂犬病予防法第4条)

また飼い主に、飼っている犬に狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせる義務があり、その届出も必要になります。(狂犬病予防法第5条)

死亡した犬のままの登録継続および狂犬病予防注射の接種は当然出来ません。

これらの届出は正確な登録の実態をつかむために必要なもので、法律・規則でも規定されていますので、変更等が発生したときは、必ず役場、産業環境課へ届出をお願いいたします。

犬の新規登録

  • 犬の登録は生涯一度で結構です。
  • 役場3階産業環境課 または役場東出張所にて「犬の登録申請」をしてください。
  • 登録手数料は3,000円です。

狂犬病予防注射

  • 狂犬病予防注射は1年に1度、必ず受けるようお願いします。
  • 集合注射以外で個人的に獣医等にて注射を受けた飼い主の方は獣医さんより渡される「注射済証」をお持ちのうえ、役場3階産業環境課、または役場東出張所にて「狂犬病予防注射済票交付申請」をして下さい。
  • 済票交付手数料は550円です。

犬の死亡届

  • 飼犬の死亡時には、役場3階産業環境課または役場東出張所にて「犬の死亡届」の提出をお願いします。
  • 事務手数料は必要ありません。

犬の登録事項変更

  • 飼犬の転入、転出、飼主の変更等、既に登録された方で登録内容の変更が生じた場合のみ記入をお願いします。
  • 事務手数料は必要ありません。

鑑札の再交付について

  • なんらかの理由で鑑札をなくしてしまった場合、再交付申請書に必要事項を記入し、事務手数料を払って頂ければ
  • 鑑札の再交付ができます。(以前の番号は削除し新しい登録番号になります)
  • 鑑札再交付手数料は1,600円です。

注射済票の再交付について

  • なんらかの理由で済票をなくしてしまった場合、再交付申請書に必要事項を記入し、事務手数料を払って頂ければ済票の再交付ができます。(以前の番号は削除し新しい登録番号になります)
  • 注射済票再交付手数料は340円です。

犬を飼うルールを守っていますか

  • 終生飼育(捨て犬行為をしない) (埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例例第5条第2項)
  • ふんを放置しない (同条例第7条)
  • 鳴き声等で他人に迷惑をかけない (同条例第7条)
  • 放し飼いをせず、散歩時には引き綱をする (同条例第8条)

 など犬の飼い主としての責任事項を守って犬を飼いましょう。
 

お問い合わせ先
  • 産業環境課 環境保全・生活安全担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-5894
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?