令和元年度子ども大学はとやま第2回活動報告

こども大学

2回目の子ども大学が開会しました。

野口副学長から、当日のスケジュール説明を受けています。

午後は、山村学園短期大学の学園祭「山緑祭」も開催されました。

実施概要

期日:令和元年7月6日土曜日

場所:山村学園短期大学

内容:講義【はてな学】「風とあそぶ」講師:橋本淳一山村学園短大教授

参加者:26人

 

橋本

【はてな学】 「風とあそぶ」

2回目の子ども大学では、保育科のある山村学園短期大学で講義を実施しました。橋本淳一教授から、まんまる紙ヒコーキや紙コプターの作り方を教えていただきました。まんまる紙ヒコーキの材料は、ストロー・色紙・クリップのみです。橋本先生と学生が丁寧に作り方を教えてくれました。とても簡単に作れて遠くまでとぶ「不思議な紙ヒコーキ」に、みんな驚きの様子でした。

 

作成

山村学園の学生に優しく教えてもらいました。

全体

みんな集中して作りました。

後ろ姿

チームになって、まんまる紙ヒコーキリレーをしました。チームワークが大切です。どのチームが優勝かな?

森の中

緑に囲まれて、紙ヒコーキをとばすのは、とても気持ちがよかったです。

風船

一番遠くへ飛ばした優勝者には、空飛ぶ風船がプレゼントされました。

もらった風船に願い事を書いた短冊をつけて空へ飛ばしました。

 

 

 

 

 

倒す

まんまる紙ヒコーキで的当てゲームをしました。当て方のこつは、クリップがついている方を前にして、ダーツのようにスナップを利かせて投げること。次々と的に当たり、盛り上がりました。

学習の感想・ためになったこと、心に残ったこと(アンケート結果)

・いびつな形でも使えることがわかっりました。

・まんまる紙ヒコーキは、作り方は少しむずかしかったけど、よくとんだのでよかったです。

・とても楽しかったです。

・ストローと紙で長くとぶひこうきがつくれるのがびっくりしました。

・ヒコーキは丸い形でもとぶんだ。

・とてもたのしかった。(工作が)

・今日の学習はすごく楽しく、紙ひこうきや紙コプターを作れたのでとてもたのしかったです。

・よく分かりとてもたのしかったです。家でもこうさくをたくさんしていこうと思いました。

・いろいろなことがわかりました。

・楽しかった。

・丸い紙ヒコーキをつくって楽しくて自分のためになりました。

・紙ひこうきを作るのが、楽しかった。

・家でもやりたい。

・楽しかった。

・たのしくできてよかったです。

・リレーがたのしかったです。

・リレーで逆転できてよかった。

・色々な新しいあそびを知りました。家でも、こんなあそびを弟などにおしえて、いっしょにあそびたいです。

・ひきょりたいけつではぜんぜんとばなかったけど、リレーではかてたし、おもしろかった。

・まんまる紙ヒコーキでつくるのがむずかしかったです。

・おもしろかったです。

お問い合わせ先
  • 教育委員会事務局 生涯学習担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1263
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?