平成30年度鳩山町人権問題研修会が開催されました

実施概要

【開催日時】平成30年8月23日(木曜日) 午前10時から12時00分

【会場】鳩山町役場 305・306会議室

【講師】液野 理穂(えきの りほ)氏

(埼玉県立毛呂山特別支援学校 特別支援教育コーディネーター)

【演題】『通常学級における特別でない支援』

人権問題研修会写真

8月23日(木曜日)に鳩山町役場で鳩山町人権問題研修会が開催され、小・中学校の教員や一般の方など87名が参加しました。この研修会は、「人権尊重社会をめざす県民運動」の協賛事業として毎年開催されており、今年度は埼玉県立毛呂山特別支援学校 特別支援教育コーディネーター 液野 理穂(えきの りほ)氏を講師にお招きして、「通常学級における特別でない支援」という演題でご講演いただきました。

内容は、障害者差別解消法にある「不当な差別的取り扱いの禁止」、「合理的配慮の不提供の禁止」について、学校の現状と課題を具体的にお話いただいたほか、「合理的配慮」は、障害のある子供が、他の子供と平等に「教育を受ける権利」を共有・行使するための配慮であること、「合理的配慮」のために必要な取り組みなどの具体的な説明でした。また、それを提供するための学校での手順や方法についてお話いただくとともに、家庭や学校で、子供たちの自尊感情を高める大切さについても伝えられました。

参加者からは、昔と今の特別支援教育の違いなどについて質問があり、液野先生に丁寧に答えていただく場面もありました。

埼玉県の人権施策推進指針によると、人権とは「すべての人間が生まれながらにしてもっている権利で、人間が人間らしく生きていくための、誰からも侵されることのない基本的な権利」とあります。本研修では、子供たちが、障害のあるなしにかかわらず、充実した学校生活を送ることのできる環境づくりについて学ぶことができました。

お問い合わせ先
  • 教育委員会事務局 生涯学習担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1263
    ファックス:049-296-7557


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?