特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

ヒアリは、南米原産で体長が2ミリメートルから6ミリメートル程度の赤茶色のアリです。毒性の強い毒針を持ち、刺されると火傷のような激しい痛みが生じ、アレルギー反応により死に至ることもあります。土で直径25センチメートルから60センチメートル、高さ15センチメートルから50センチメートルのドーム状のアリ塚を作り、雑食性で、節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とします。「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」において「特定外来生物」に指定されており、生きたまま持ち運んだり飼育したりすることは法律で規制されています。

平成29年5月26日に兵庫県尼崎市、6月16日に兵庫県神戸市ポートアイランドにおいて、毒性を持つ特定外来生物であるヒアリの侵入がが確認されました。その後、大阪港、名古屋港、東京都大井ふ頭、愛知県春日井市でも確認されました。ヒアリに似たアリがいた場合は決して素手で触ったり、むやみに刺激をしないようにしてください。

県内での確認について

平成29年8月10日、埼玉県内の物流倉庫内でアリの死骸1頭が発見され、県に通報がありました。これまでの調査で、発見場所、関係施設、周辺地域で疑わしいアリは確認されていません。

【参考】「ヒアリ」について』(埼玉県ホームページ)

「ヒアリ」についての相談

埼玉県環境部みどり自然課(電話番号:048−830−3143)または東松山環境管理事務所(電話番号:0493-23-4050)で相談に応じています。

アリ(ヒアリを含む)による健康被害について

坂戸保健所(電話番号:049-283-7815)で健康相談に応じています。

ヒアリに刺された場合の留意事項(PDF:201.2KB)

参考資料

ヒアリの確認状況、見分け方、防除手法、刺された場合の対応及び生態等については、以下のホームページをご参照ください。

環境省ホームページ

ヒアリに関する諸情報について(ヒアリの確認状況、これまでの報道発表等)

ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺された時の対処方法等の参考)

ヒアリについて(環境省作成資料)

ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)(環境省作成資料)

この記事に関するお問い合わせ

ヒアリについての相談は、東松山環境管理事務所(電話番号:0493-23-4050)に連絡してください。

 

【特定外来生物(ヒアリ等)について】
生活環境課 生活安全担当
〒350-0392
埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
電話番号:049-296-5894

【ヒアリ等による健康被害について】
保健センター 管理予防担当
〒350-0324
埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1
電話番号:049-296-2530

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。