鳩山町地域包括ケア研修事業~活き生き鳩山シンポジウム~

「活き生き鳩山シンポジウム」を開催します

鳩山町は、健康寿命が県内で男女とも1位(平成26年データ)となるなど、「元気でイキイキとした高齢者が多い町」です。一方、団塊の世代が75歳以上となる平成37年には、65歳以上の高齢化率は町内全域で50%になると推測されています。
そこで、町では、今後も安心して暮らし続けられるまちを目指し、住まいを中心とした介護予防や生活支援、医療、介護サービスを連携して提供する「地域包括ケアシステム」の構築を進めています。
その一つとして、現在整備中の「福祉健康・多世代複合施設」の紹介をはじめ、町の現状と今後を、町民の皆さまや関係者の方と考える「活き生き鳩山シンポジウム」を開催いたします。

日時

平成29年3月19日(日曜日) 午後2時~4時30分

会場

ふれあいセンター302・303・304会議室

内容

【第1部 講演セッション】(70分)
・行政説明等(午後2時10分~2時40分)
「町福祉健康・多世代交流複合施設」について
説明者:町・彩西療養通所介護鳩山・鳩山松寿園東館

・基調講演(午後2時40分~3時20分)
「人生100歳時代を支える活力ある超高齢社会のつくり方」
講師:後藤 純先生(東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師)

【第2部 パネルディスカッション】(60分)
「今後の鳩山町の取り組みについて」
パネリスト:後藤 純先生・篠田 哲朗氏(鳩山松寿園東館 施設長)・関口 良子氏(彩西療養通所介護鳩山 施設長)・町職員

・総合司会:藤村 龍至(りゅうじ)先生(東京藝術大学 准教授)

関連情報

シンポジウムチラシ(PDF:2.3MB)

お問い合わせ先
  • 高齢者支援課 地域包括支援センター
    〒350-0324
    埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘4-1-4(福祉健康・多世代交流複合施設内)
    電話番号:049-296-7700


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。