新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続き

【重要】新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて

令和2年4月24日付けで厚生労働省より発出された事務連絡を受け、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、申請者が医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診することを避けるため、更新手続きの臨時的な取扱いを以下のとおりとします。

対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に手帳の有効期限を迎え、診断書の提出が必要な方

取扱い

・申請書の提出をもって、診断書の提出を猶予し、現在の等級のまま有効期間の更新ができます。

・診断書の提出を猶予した場合は、現に所持している手帳の有効期限の日から1年以内に診断書の提出が必要です。

・後日提出の診断書に基づき再度等級を判定します。1年以内に提出が無い場合は、手帳は無効となりますので、ご注意ください。

新規申請・等級変更申請、年金証書等の写しを用いた更新申請については従来通りとなります。

関連文書

【埼玉県立精神保健福祉センター】精神障害者保健福祉手帳の更新手続きのために医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診する方へ(PDF:27KB)

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続の臨時的な取扱いについて(PDF:52.1KB)

お問い合わせ先
  • 長寿福祉課 地域福祉・障害者福祉担当
    〒350-0392
    埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16
    電話番号:049-296-1241
    ファックス:049-296-3390


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。