生ごみ処理について

 子どもたちの食べ残しなどの生ごみがどうなるかご存知ですか。

 このページでは、皆さんの知らない給食センターの作業内容がわかります。

 

 給食センターでは、子どもたちの食べ残しや下処理の際に出た生ごみを処理するため、平成15年4月より、生ごみ処理機を導入し、環境問題・ごみ問題に配慮した生ごみのリサイクルを行っています。

生ゴミの処理の流れ

1.生ごみの回収作業

  • 子どもたちの食べ残しや下処理の際に出た生ごみを回収します。

2.生ごみの計量作業

  • 生ごみを計量後、記録します。

3.生ごみ処理機による処理作業

  • 生ごみを投入します。

4.生ごみ処理機の処理過程

  • 生ごみがだんだん堆肥に変わっていきます。

 給食センターでは、このような形で生ごみを堆肥化して、学校の庭木や菜園で使用するリサイクルを行っています。

 しかし、このような作業にはコストや時間がかかります。リサイクルに優る生ごみ対策はないのでしょうか。

 答えは簡単です。ごみを出さないように努力することです。子どもたちが食べ物の好き嫌いをなくして、給食の食べ残しが減れば環境にも良いということなりますね。

 給食センターでは、資源を有効活用するとともに、なるべく生ごみを出さないよう努力したいと考えています。

お問い合わせ先
  • 学校給食センター
    〒350-0314
    埼玉県比企郡鳩山町楓ヶ丘四丁目30番1号
    電話番号:049-296-0311
    ファックス:049-296-2858


  • メールでのお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?