はとやま食エコレシピコンテスト2023 結果発表

はとやま食エコレシピコンテスト2023〜グランプリが決定!〜

町では、食品ロスの削減食育につながる取り組みとして、令和2年度から「はとやま食エコ推進事業」をスタートしました。

その1つの取り組みとして、今年度も、普段何気なく捨ててしまう身近な野菜の皮や葉、茎を使った料理や、多く作りすぎた・食べ切れなかったおかずをリメイクした料理など、食エコなアイデアレシピを募集し、審査により優秀作品を決定する「はとやま食エコレシピコンテスト」を開催しました。

皆さまからご応募いただいた31作品の中から、書類による一次審査とWEB・パネル展示による二次審査を経て、グランプリが決定しました!

コンテスト審査員(長)である女子栄養大学教授の小西史子(こにしふみこ)先生からのコメントとともにご紹介いたします。

食エコ_結果ロゴ

あまった野菜でミートフライ

最優秀賞
「あまった野菜でミートフライ」
安田幸司(やすだこうし)さん
*小西史子先生より*
形が帽子のようでかわいいですね。野菜を変えれば、いろいろ楽しめますね。

梨とイチジクと野菜のチキンカレー

優秀賞
「〜皮付きフルーツと野菜を丸ごと使って栄養満点〜梨とイチジクと野菜のチキンカレー♪」
斎藤幸子(さいとうさちこ)さん
*小西史子先生より*
埼玉県特産の果物や野菜を使って、秋の季節感にあふれた一品になりましたね。玄米ご飯と組み合わせたので、噛む回数も食物繊維も増えて、健康的です。

ヘルシーでおいしい!豆腐きなこ餅

優秀賞
「ヘルシーでおいしい!豆腐きなこ餅」
平野奈央(ひらのなお)さん
*小西史子先生より*
豆腐や黒大豆きな粉を入れて、子どもから高齢者まで楽しめる健康的なおやつですね。身近な食品で手軽にできるところが、とても良いと思います。

じゃがいもピラミッド

特別賞
「じゃがいもピラミッド」
根岸暖(ねぎしひな)さん
*小西史子先生より*
野菜嫌いな子どもでも、簡単に作れ、おやつにもなる一品ですね。じゃがいもを電子レンジで加熱すると、ゆでるより時短になり、ビタミンCの損失も少なくなっていいですね。

はとやまっ子のSDG'Sミートソース

特別賞
「はとやまっ子のSDG'Sミートソース」
福島麻代(ふくしまましろ)さん
*小西史子先生より*
大豆やきな粉やみそを使ったところがユニークで、しかも健康的ですね。じゃがいもでとろみをつけるのは、良いアイデアですね。

スイカの皮の煮物

特別賞
「スイカの皮の煮物」
田中夏七海(たなかななみ)さん
*小西史子先生より*
捨ててしまうスイカの皮を使って煮物にしたところが、とてもユニークで、食べやすくSDG'Sなおかずに仕上がっています。

すいかレードッグ

特別賞
「すいかレードッグ」
外山航輔(とやまこうすけ)さん
*小西史子先生より*
スイカの福神漬けが味のアクセントになっていますね。揚げないところがヘルシーで、子どもの軽食にぴったりです。

ローストヨーグルト

女子栄養大学特別賞※
「ローストヨーグルト」
伊藤愛乃(いとうあいの)さん
*小西史子先生より*
かぼちゃの種は洗って天日で干して、から炒りするといいですよ。蜂蜜をかけるとおいしそうです。

 

女子栄養大学特別賞:審査員(長)としてご協力いただいている女子栄養大学教授の小西史子先生が応募書類により選考

優秀作品のレシピにつきましては、今後、ホームページ等を通じて公表する予定です(ただいま準備中)。お楽しみに♪

このページの内容に関するお問い合わせ先

町民健康課 保健センター 健康増進・子育て相談担当

〒350-0324 埼玉県比企郡鳩山町大字大豆戸183番地1

電話番号:049-296-2530

ファクス番号:049-296-2832

メールでお問い合わせをする

アンケート

鳩山町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
メール認証のためのメールアドレスをご入力ください。
このページの先頭に戻る